部位によって道具を使い分ける

むだ毛処理の方法についていろいろ紹介してきましたが、
それでも体毛が元々濃い人は、どんなセルフケアを行っても
剃った跡、抜いた跡が目立ってしまうものです。

それだけ毛が太いということなのか、生える密度が濃いのか・・・悲しい現実ですよね。

ただ、今までも言ってきているようにむだな体毛は薄い濃いに限らず
脱毛サロンなどでプロの手で、プロ用の機械を使って処理してもらうのが
1番手っ取り早く、1番効果があると言えます。

ただ、時間とお金の問題で、自分でやらざる負えないという人もいるでしょう。

そういった場合には仕方がないので、部位によって使うアイテムをかえてみる
というのがお勧めのむだな体毛を処理する方法です。

たとえば足や腕、背中などという広範囲なむだ毛処理に毛抜きなんて使いませんよね?

でも眉毛などの抜く本数が少ない部分に関しては毛抜きを使う人も多いかと思います。
また、ワキもよっぽど濃くない限りは毛抜きを使う人もいると思います。

要はその部位に合ったむだ毛処理の方法で行うのがいいということですね。

ただ、ワキに関しては毛抜きはあまりお勧めできません。
ワキやビキニラインというのは風通しが悪く雑菌が溜まりやすい部位でもあるので
特に毛穴を開きっぱなしにしておくのは肌トラブルの原因となります。

埋もれ毛などが気になる部分ではありますが、
ワキに関しては以前も紹介しているビキニラインのようにシェーバーが向いているかもしれません。

ただ、シェーバーを使った処理は生えてきたときに埋もれ毛のトラブルになりやすいので
人目につきやすいワキはやっぱりサロンで行うのが色素沈着の恐れもないので
1番おすすめだといえます。